Skill

C-ROCK (特許番号 4065312)

天井裏作業でお困りではありませんか!?
C-ROCKは天井裏で作業をするときの安全を確保する補助具です。
親バーが倒れないように、また倒れた(45度以内)場合でも安全を確保します。

C−ROCK使用の利点

  • 作業の安全確保(天井の踏み抜き及び落下防止)
  • 作業効率の上昇(足場板の併用時)
  • 空調工事、ダクト工事、給排水工事、電気工事等、建築全般の天井裏作業にお勧めします。
c-rock1 天井に入ります
c-rock2 親バーが変形します
c-rock3 C-ROCKを使用します
c-rock4 親バーが起き上がり、親バーは変形しません
c-rock5 天井内の移動が楽にでき、作業効率が上がります
c-rock6 使い方は親バーにラインを合わせて乗せるだけ
c-rock1&2値段価格等問合せはコチラ→お問い合わせフォーム

分岐管 加工状況

空調設備工事・配管工事における分岐管加工の状況を説明しています。
分岐管を図面に合わせて加工します。
1 2 3 4 5

空調工事・参考施工要領

  • 図面(施工図、系統図、機器承認図等)をチェック。
  • 分岐管を加工。
  • 現場へ、打合せ。
  • 空調機器の墨出し。
  • 空調機器の吊り込み。
  • 室内配管ルートを確認。吊ボルト、支持金具を取付。
  • 2において加工した分岐管をルート上に配置。
  • 室内冷媒配管の施工及び室内外連絡線の配線。
  • 防火区画の貫通処理及び穴埋め。
  • 建築工事の進行状況により適時配管の漏れテストを実行。
  • 室外配管ルートを確認。配管架台等を設置。
  • 室外冷媒配管の施工。
  • 室外機に配管接続終了後の配管耐圧試験。
  • 真空引きガスチャージ。
  • 試運転。
  • 検査。
  • 引渡。

空調設備工事の一連の流れをまとめました。
建築工事、電気工事、設備工事の現場進行状況により変化します。

現場施工前の準備

  • 図面(施工図、系統図、機器承認図等)をチェック。
    • 配管系統図に、分岐管(例、Pac1-1等)の番号を決める。
    • 施工図に室内機の型式、分岐管番号、配管サイズを転記。(注1)
  • 分岐管の加工
    • 1で作成した図面により、分岐管を加工。(注2)
  • 室内機の吊ボルトを加工。(注3)
  • 内機接続のフレアーを加工。(注4)
    注1. 工事現場において施工図は、室内機(PAC1-1等)、配管サイズ(1、等の数値)、分岐管の種類は記載なし、 上記のことから、施工図、配管系統図、機器承認図等を見ながら、室内機PAC-1は機器承認図よりFXYFP56MC、配管系統図より配管サイズは9.52×19.05Φ、分岐管種類はKHRP26A33T、このように拾い出して施工します。 その為に施工までの時間がかかり過ぎますが、それぞれを施工図に書き込み、配管系統図、機器承認図を見なくても図面1枚で施工できるようにしておきます。(現場施工時の時間短縮)(資料1
    注2. 分岐管を工場(倉庫等)で加工するのは*1の他に、加工した分岐管を配管ルート上に固定しておけば図面を見なくても配管サイズがわかり施工出来ます。(配管ルート上に配管吊ボルト 吊金具の取付が必要)。さらに、初めて現場に来た職人も図面を確認し簡単に施工出来る為、かなりの施工時間短縮になります。(資料2)
    注3. (資料3)

匠の技

SNK匠 第一回認定
2008/05/21:第一回目の『優秀技能者認定制度』(呼称=SNK匠) に認定されました。
新日本空調株式会社のページ
日刊建設通信新聞
日刊建設工業新聞

会社案内

アクセス株式会社
〒192-0151
東京都八王子市上川町1947-2
TEL: 042-654-7351
担当: 佐藤
お問い合わせはお気軽に!!

ページトップに戻る